ホーム > サビキラープロの特長

サビキラープロの特長

メカニズム

①鉄部が錆びて、塗装をする前の状態です。
arr  
②サビの上に直接サビキラープロを塗ります。
(錆転換剤と特殊顔料と水の3重構造)
arr  
③錆転換剤と水がサビと反応して赤錆が黒錆へと変換、サビの進行を止めます。
arr  
④進行しない黒錆に転換し、ガッチリ固定された状態です。
これで長期的にサビの再発及び新たなサビの発生を防ぎます。
arr  
⑤特殊顔料によって水性・油性どちらの塗料でも上塗りが可能です。
サビを根こそぎ封じ込めた上にお好みの色で仕上げることができます。
(サビキラープロのみで仕上げることも可能です)
錆転換反応とは
サビが錆転換する際に必要な3要素が錆転換剤・空気そして水です。
この3要素がそろって初めて赤錆が黒錆に転換する反応が起きます。

1.サビの上に直接塗れます (サビ取り不要)

1.サビの上に直接塗れます (サビ取り不要)

サビキラープロはサビに直接浸透し、進行する赤サビから進行しない黒サビに変えます。その為サビに直接塗装する必要があるのです。しかもサビ取り/サビ落としせずにサビの上に直接塗装ができます。見つけたサビにすぐに塗れる手軽な塗料なので、ご家庭でも保管しいつでも簡単に施工ができます。サビの再発を防ぐ効果の高さは群を抜く為、各業種及び個人の方の多くがリピートしてご使用いただいております。 ※触ってポロポロ落ちるような浮きサビは落としてください。

赤さびと黒さびのはなし

通常「さび」と呼んでいるのは赤さびのことで進行して鉄をボロボロにするさびのこと。
一方黒さびは金属の表面に隙間なく付くため酸素や水分から守り進行しないさびのこと。
鉄を熱したときに黒くなるのが黒さびです。
サビキラープロを赤さびに塗装すると化学反応をおこして黒さびに変わります。
その為、サビの再発を防止できるのです。

2.ケレン作業 (サビ取り)の手間とコストが省けます

2.ケレン作業 (サビ取り)の手間とコストが省けます

従来の錆止め塗料はケレン作業(サビ取り)が必須で、それが不充分だと何を塗ってもサビの再発生が防げません。
しかし100%完璧なケレンはプロでも困難でそれだけで手間や経費がかかってしまうのが現状です。
サビキラープロはケレン作業の手間も経費もカット。
それなのにサビの再発を防ぐことができる画期的な塗料です。

ケレンとは

ケレンとは塗装前に旧塗膜や錆・汚れ等を落としたり、逆にツルツルした面に密着を良くするために目荒らしをすること等を指し、主に塗装前の下地調整処理のことをいいます。ケレンは作業程度によって基準を設けています。(下記表参照)塗装をする上で、どんなに良い塗料を用意していてもケレンの作業程度が仕上がりを左右するほどの重要な作業になります。しかしケレンを重要視するあまり、ケレンの作業工程(1種ケレンに近づくほど)を上げれば上げるほど時間がかかり、コストもかさんでくるということです。
サビ止め塗料を使用する際に、ほとんどの場合ケレン作業(3~1)は必須になるのに対し、
サビキラープロは大変なケレン作業が不要でサビに直接塗装できるので手間もコストも大幅にカットできるのです。

3.水性なのでエコで安心、しかも速乾型

3.水性なのでエコで安心、しかも速乾型

従来の錆関連商品はほとんどが溶剤(油性系)であるのに対しサビキラープロはなんと水性塗料です。
サビは水分を吸収しやすいという性質を利用して、サビの根元まで塗料が浸透しサビを逃さず封じ込む為にも水性塗料として誕生したのです。そのためサビを根こそぎ封じ込めた上に、シンナー等の臭いや火災等の問題もなく家庭でも安心してご使用いただけます。さらに水性なのに速乾性が高い為、あらゆる環境での活躍が期待できます。保管するのも安心です。(開封後約半年を目安に使い切るようにしてください)

水性塗料と油性塗料のちがい

塗料は「塗膜になる樹脂や顔料(色)その他添加物 + 塗装後揮発や蒸発をしてなくなる成分」でできています。油性塗料は後者の塗装後に無くなる成分が溶剤であり、水性塗料はそれが水です。
油性塗料は耐久性に優れる塗料が多いですが、使用前にシンナー系のうすめ液も使用しなくてはなりません。その為強いシンナー臭があり、塗装後もしばらく続きます。また乾燥時間も長く、火災の危険性も潜んでいます。
そこで近年使い勝手がよく、エコで安全な水性塗料が注目されており、ホームセンター等では店頭に並んでいるのは殆ど水性塗料となってきました。水性塗料はすぐ剥がれそうなどの心配があるかも知れませんが、塗装後水分が蒸発し、乾燥した後は油性塗料と同じ樹脂や顔料の成分(塗膜)だけが残り密着するので問題ありません。水性塗料なので使用の際に希釈が必要な場合は水でOK。また使用中手などに付いた塗料もすぐに洗い流せます。火災の危険性も低い為、DIYとして保存するのも安心です。
サビキラープロは水性塗料なのでまさに使い勝手がよく、エコで安心な塗料なのです。

4.鉄部が湿っていても塗装が可能

4.鉄部が湿っていても塗装が可能

従来の溶剤(油性系)塗料は塗布面が完全に乾いていないと塗装が出来ませんでした。
しかしサビキラープロは水性なので鉄部が少々湿っていたり濡れていてもウエス等で拭き取ってからの塗装も可能です。(大きな水滴は拭き取ってから施工してください)

5.サビに限局せず簡単に塗装・作業性抜群

5.サビに限局せず簡単に塗装・作業性抜群
 全面塗装可能(浮き錆は除去)

従来の錆転換剤の使用には、サビた部分のみの使用が限定されていました。実際には旧塗膜の付着やサビの無い部分もあり、施工は単純ではありません。サビキラープロは塗膜の上でも、サビの無い部分でも、もちろんサビの発生部でも区別なく塗れます。その為塗装へのストレスがなく作業性も大幅にアップします。

6.亜鉛メッキにも塗装が可能

6.亜鉛メッキにも塗装が可能

通常の錆転換剤を含め塗料全般は亜鉛メッキには密着しにくく、膨れや剥がれの原因となるため塗装は困難とされてきました。しかしサビキラープロは亜鉛メッキに密着が良好で、サビた部分のタッチアップのみでも全面塗装でも塗装が可能です。

7.上塗りに油性塗料の塗装が可能

通常水性塗料の上に溶剤(油性塗料)を使用するとチヂレや剥れ等のトラブルがありタブーとされてきました。しかしサビキラープロはこれまでの常識を覆し、上塗りに溶剤(油性塗料)の塗装が可能な画期的な塗料です。もちろん水性塗料でもその他塗料でも上塗りに使用できます。サビキラープロはシルバー色のみですが、上塗り剤でお好みの色で仕上げることも可能です。※塗装間隔は厳守してください。
サビキラープロが完全に乾燥していない場合はチヂレを起こす事があります。

8.錆止めプライマー&シーラーとしても使用可能

プライマーとして:サビキラープロはサビた部分は錆転換、またサビていない金属に塗った場合は錆止めの効果があり、上塗りをする前の下地処理に最適です。
シーラーとして:旧塗膜(水性系、溶剤系)の上に処理した場合は、強溶剤及び溶剤系(油性塗料)を塗った時に起こるチヂレ等のトラブルを止める効果があります。

9.サビとの反応を変色で知らせるお知らせ機能付き

9.塗装不足部分は色が変わるお知らせ機能付き

サビキラープロはサビに直接塗装後、錆転換反応を起こしたことを黒や茶っぽい色に変色して知らせてくれます。(もちろん錆の状態や環境、素材によって反応色は出る場合と出ない場合がございます。出なくても錆にはしっかり反応しているため問題ありません。)サビキラープロは2回塗りを基本としております。反応色が出た際は必ず再塗布してください。

10.取替えするより塗替えを選びたくなる魅力

10.取替えするより塗替えを選びたくなる魅力

トタンやビニールハウス(パイプ)、または外環境に設置してある鉄製のものは、ほとんどの場合サビから免れることができません。しかし総取替えとなるとコストや手間、時間がかかり容易ではありません。サビキラープロを使用し塗替えすることでそれらを大幅にカットすることができます。腐食してしまったものを元に戻すことはできませんので、気付いたサビにすぐに塗って腐食を予防することもできます。手軽にメンテナンスをできる為、結果鉄の劣化を遅らせ長持ちさせることにつながります。

塗替えのメリット

通常ビニールハウスを総取替えすると品物代だけでも一式で10万円前後、(直径2.5m 奥行約5m )、トタン屋根の張り替えは屋根の大きさにもよりますが、トタン10枚で2~3万円それに各材料や工具代がプラスα、いずれにしても手間がかかり、取り替えた後も処分するのにまた出費が予測されます。
また業者に頼んだ場合は施工費だけで数倍かかってしまいます。
サビが発生した際にサビキラープロを塗装することで鉄部の寿命を引き延ばすとともにサビの再発を防止できます。その為総取替えをするよりもコストを大幅にカットできます。しかも新たなサビが出てきたらすぐに補修(タッチアップ)できるのもメリットです。トタン屋根の場合は上塗りが必要になる場合がありますが、サビキラープロ塗装後の効果の持続を考えると総取替えより手軽で安価な選択であると考えます。(サビによって鉄部が腐食する前に塗装した場合)

※ケレンの作業内容分類

素地調整種類 処理方法・面の状態 工具・工法
化学処理 酸性洗浄にて洗い流す方法 硫酸・塩酸・リン酸等
4種ケレン 粉化物、汚れ等を除去する 研磨布・サンドペーパー等を使用
3種ケレン 浮き錆や浮塗膜を除去
活膜は残す
手工具:ワイヤーブラシ・スクレーバー等
2種ケレン 完全に付着した塗膜は残すが、錆びや浮塗膜は除去する 電動工具:ワイヤブラシ・ワイヤカップ・パワーブラシ
1種ケレン 錆びや塗膜を完全に除去し、完全に素地金属が出る状態にする ショットブラスト・サンドブラスト等
▲ Back to Top