株式会社BAN-ZI(本社:千葉県千葉市、代表取締役:宮原 万治)は自社が開発・製造する

特殊防錆塗料「ラバーロック」を日本郵船株式会社の新造船(VLCC(注1)及びLPGタンカー)に於ける排ガススクラバー管の防錆用途として新規納入を実施致しました事をお知らせ致します。

【課題】

環境保護が叫ばれる中、海事分野に於いても船舶から排出される排気ガスに含まれる大気汚染物質の一つである硫黄酸化物(SOx)の処理・軽減の為、スクラバー(排ガス処理装置)の導入が新造船・既存船問わず進んでおります。しかしながら配管の内外が常にサビの原因となる硫黄酸化物や海水(塩分)を含む潮風/雨水などに曝される事で、短期間でサビが発生し、結果としてメンテナンスコストの増加の要因となっておりました。

【ラバーロックの登場】

「ラバーロック」は他に類を見ない100%シリコーンゴムで構成されている特殊防錆塗料です。樹脂単体の性能では20年以上という高い耐候性能・優れた防水性/絶縁性/耐薬品性を有ししているだけでなく、温度変化の激しい洋上での金属の伸縮にもシリコーンゴムの特性である塗膜が素地に対して密着・追従する事で、従来の塗料では当たり前の様に発生していた塗膜のひび割れを起こさず、長期的に素地を保護する事でサビを抑制。船舶の運用コストの削減に寄与する事が期待できます。

また、食品衛生法(おもちゃの製造基準)にも適合しており、塗装後の環境負荷の軽減のみならず、作業員または乗組員に対しても高い安全性を実現しております。

「ラバーロック」の優れた防錆・保護効果は日本郵船グループの船舶管理会社が運航管理を行うVLCC船のエンジンルーム内で約1年にわたる長期検証を続けた結果実証されたものです。

【ラバーロック 導入 新造船(19/03末 現在)】

VLCC船 2隻 (建造中)

LPG船  1隻 (建造中)
(注1)VLCC= Very Large Crude Oil Carrierの略称。
原油の輸送を主な目的とする大型タンカーのうち、20万~30万重量トンであるもの。

【今後の展開】

当社は、今後環境への配慮がより厳しく求められる海事業界において、「ラバーロック」を含む
サビ対策ソリューション“サビキラー”シリーズの展開に国内外問わず注力して参ります。

【本リリース・製品に関するお問い合わせ先】

株式会社BAN-ZI

所在地:〒262-0011 千葉県千葉市花見川区三角町118

URL:http://www.ban-zi.jp/

TEL:043-307-3339

e-mail:info@ban-zi.jp