大規模修繕は「ALL水性工法」で確かな効果、安全と安心を!

「サビ止めは油性」の常識を覆したサビキラーシリーズの「ALL水性工法」

サビキラープロを下塗りにエポプライマー、サビキラーカラーと塗装することによって下塗りから上塗りまで水性でのサビ止めを実現いたしました。

【下塗り】

下処理にはしっかり「ケレン」ではなく、しっかり「サビキラープロ


ケレンによるデメリットを軽減!

1.作業が大変→サビキラープロは塗るだけ
2.サビの取り残し→しっかり染み込ませるように塗布すればOK
3.素地が薄くなる→削らないのでそのままの必要以上に薄くはならない
※3種ケレン要

サビの進行を止める効果についてはもちろん、
作業が軽減されるので人件費も大幅削減できます!

サビキラープロ 詳しくはこちら

【中塗り】

「エポプライマー」で防錆効果をUP


サビキラーカラーだけでも溶剤並みの防錆効果はありますが、長期サビの再発を防ぎたい場合には、中塗りにエポプライマーを入れて頂くとさらに防錆効果が高まります。

サビキラーエポプライマー 詳しくはこちら

【上塗り】

サビ止めと上塗りが一緒になった サビキラーカラーで強力防錆!


上塗りには溶剤並みの効果を発揮するサビキラーカラーを塗装。食品衛生法にも適合しており、乾燥後であれば、小さなお子様が誤って舐めてしまっても安心です。

サビキラーカラー 詳しくはこちら


ALL水性にするメリットは作業負担の軽減それによる人件費の削減、だけでなく優れた効果、高い安全性にあります。水性なので、保管時の引火の心配もなく、塗装時の不快な臭いもありません。

近年では、溶剤を使用することによって、大規模修繕時にアレルギーを発症する方が増えており、壁紙のノリに含まれる微量の溶剤であってもアレルギーを起こしてしまい新築に住めない方もいるほどアレルギーの問題は深刻です。

鉄部塗装をALL水性化にすることによって入居者の方だけでなく、施工者の健康も守ることが可能です。

ALL水性サビ止め工法資料ダウンロードはこちら